LPガスを正しく使って快適生活

LPガスとは

LPガスとは 「Liquefied Petoroleum Gas(液化石油ガス)」の略称で、プロパンやブタンを主成分としたガスです。家庭用のガスはプロパンが主成分なので「プロパンガス」と呼ばれています。

 

LPガスは通常は気体の石油ガスを圧力をかけて液化させたもので、ボンベの中には液体で充填してあります。LPガスを液化させると、体積は気体時の約250分の1になっています。

LPガスの性質

1.空気よりも重い

 

LPガスは空気より約1.5倍ほど重い気体です。

 

2.ニオイがつけてある

 

LPガスそのものは無色無臭ですが、もれた時にすぐわかるようにニオイがつけてあります。

 

3.クリーンなガスです

 

LPガスには人体に有害な一酸化炭素(CO)などは入っていません。ただし、屋内でご利用の際は十分な換気をお願いします。

災害にも強いLPガス

いままで、地震等の大規模な災害時において、LPガスは復旧の早さや避難所などへの早い対応などから、多くの人々の暮らしに安心をもたらしました。LPガスは地震・災害に強いエネルギーです。

またガスのマイコンメーターはガス漏れ時はもちろん、震度5以上の地震を感知した場合にも自動でガスを遮断します。